中古車 査定 買取

車査定の際に傷は直したほうが良いのか?

 

愛車に付いた傷は残念ながら確実に査定額ダウンになります。

 

よって傷が付いたら自分で直したほうが結果的に得をするのか気になりますね。

 

結論から言いますと、
業者を使わないと直せないような傷はそのまま査定に出し、
小さい傷であれば自分で治してしまう。
というのがベストです。

 

どういう事かと言いますと、買取査定業者にはかならずお抱えの修理業者がいます。
そういった業者は私たちが頼んでいる業者よりもはるかに安い値段で修理を行ないます。

 

よって傷によってマイナス査定になる場合でも、私たちが業者に出す金額ほど
マイナスの査定になる可能性はきわめて低いのです。

 

私たちが業者に出す金額よりもはるかに安い金額で直せるので当然ですね。

 

よって業者を使うのが必要と思われる傷に関しては放置するのが良いです。

 

車査定サイトランキング

 

自分たちで治してみるのもOK

また小さい傷に関しては、車用品店や通販で販売しているコンパウンドを

利用することで、小さな傷なら予想以上に簡単に直すことが出来ます。

 

コンパウンドとは細かい粒子が液体の中に入っていてその細かい粒子が
ヤスリの働きをしており、布に付けて磨くだけで綺麗になる液体です。

 

非常に手軽に傷を落とせるので、非常に人気があります。

 

こういったもので傷を消すだけで査定者の印象をかなり良くすることが出来ますよ。

 

車の査定をされる際に上記のことを参考にして頂いて、すこしでも高く買い取ってもらうことが
出来れば幸いです。

 

中古車を高額で買い取る中古車査定買取業者を利用者数順にランキングを行ないましたので
ご興味のある方は見てみてくださいね。

 

車査定サイトランキング


買取査定ランキング