中古車 査定 買取 アルファード ANH 相場以上

アルファード(ANH)を相場以上で売却できた方法とは?

アルファード,トヨタ

アルファード,トヨタ,ミニバン


トヨタ・アルファード(ANH)はトヨタ自動車が
製造販売する大型のミニバンです。

 

 

グランビアやレジアスの後継モデルですが駆動形式が
FRからアルファードはFFになり、
プラットフォームは2代目エスティマの物を流用しています。

 

 

初代は2002年に発売されて、インテリアは
木目や合皮を多用して豪華な作りで、
発売当初はガソリンエンジンだけでしたが
2003年にハイブリッドモデルが追加されました。

 

 

エンジンは3.0リッターV型6気筒200psの
1MZ-FE型と2.4リッター直列4気筒159psの
2AZ−FE型、ハイブリッドモデルは
2.4リッター直列4気筒131psの2AZ-FXE型でモーターは、
前期モデルが1EM型で後期モデルが1FE型です。

 

 

トランスミッションは2.4リッターのガソリンエンジンが
4速ATで3.0リッターも4ATでしたが
後に5速ATに変更されます。

 

 

 

爆発的に売れ、売却額も高い2代目アルファード

アルファード,トヨタ

2代目はアルファードは2008年に発売されプラットフォームは、
3代目エスティマと共用になり2011年にハイブリッドが復活します。

 

 

ハイブリッドシステムはリダクション機構付きTHS-Uを採用しています。

 

 

アルファードはこのモデルで一気にブランド力と知名度を上げて、
爆発的に売れ、中古車市場でも高い人気を誇ります。

 

 

エンジンは3.5リッターV型6気筒DOHCの
2GR-FE型と2.4リッター直列4気筒の2AZ-FE型です。

 

 

ハイブリッドモデルは2.4リッター直列4気筒の2AZ-FXE型で
モーターは前期が2JM型で後期が2FM型です。

 

 

トランスミッションは、3.5リッターが6速ATで
2.4リッターは、スーパーCVT-iです。

 

 

駆動方式はFFと4WDです。

 

 

アルファードの市場での人気は?
現行モデルの新車価格は、308万円〜523万円で
中古車の最多買取価格帯は、45万円〜599万円です。

 

 

アルファード(ANH)を最高の買取条件にする方法とは?

アルファード,トヨタ

アルファードはミニバン好きには、
日産のエルグランド(E51/E52)と並んで憧れの車であり、
常に注目度も高く高い人気を誇っています。

 

 

よって、
良い条件での売却がしやすい車種と言え、
さらに多くの買取業者に見積りをもらうことで、
良い条件が選べますし、比較していることが業者にわかれば
競争意識も働いて良い条件が出やすいです。

 

 

その状況を簡単に作ることが出来るのが買取査定サイトです。

 

 

買取査定サイトにインターネットで登録するだけで、
一気に複数社より見積りを貰うことができるので、
1社のみからしか見積りを取らなかったり、ディーラーの下取り条件よりも
かなり高い確率で買取の条件を上げることが出来ます。

 

 

アルファードを有利に売却されたい方は、
一度見てみてくださいね。

 

三菱,ブラボー


買取査定ランキング